ホーム > 採用情報 > 先輩ボイス > 航空・艦船部 風間研作

採用情報

風間

風間研作

これが私の仕事

海外メーカー製品(航空機用エンジン、搭載機器)の輸入代理店営業業務
世界三大航空機エンジンメーカーの1つであるロールス・ロイス社、航空機関連機器の最大手であるハネウェル社、ヘリコプター用エンジンのリーディングカンパニーであるサフラン・ヘリコプター・エンジンズ社、世界最大の航空機用シミュレーター会社であるCAE社等の輸入代理店として、防衛省を始めとする各官公庁や国内メーカーに対し、航空機・ヘリコプタ用エンジンや部品、艦船用エンジンや機器等の輸入・国内販売取引を行っています。 納入先へのデリバリー業務だけでは無く、国内取引先様から日々のニーズを最大限に捉え、海外メーカーの国内での知名度や信頼度を高められる様に、日々業務に取り組んでいます。

だからこの仕事が好き! 一番うれしかったことにまつわるエピソード

海外メーカーと国内取引先との懸け橋になっているのが実感できたこと!
主にロールス・ロイス社製品の営業担当として航空・艦船部に配属され、防衛省、国内メーカーを始めとする多くの方々との出会いがありました。商社という立場では、海外メーカーと国内取引先のニーズを十分満足させる様に、多くの声に耳を傾け、柔軟な対応が求められます。ある取引先から緊急で部品納入の要望があり、海外メーカーへ即日での部品出荷を依頼し、成田空港へ貨物到着後に部品を受け取り、その足で新幹線に飛び乗って、取引先へ部品を届けた事も何度もありますし、その他多くの場面でも大変な仕事だと思います。しかし、1つの航空機を空へ飛ばす為に国内外の多くの関係者が携わっており、その中で海外メーカーから最大限のサービスを引き出し、国内取引先へ提供する輸入代理店の役割には大きなやりがいを感じています。

ズバリ!私がこの会社を選んだ理由 ここが好き

福利厚生(借上社宅制度)が魅力的だった
私が就職活動を行う上で1つポイントにしていたのは、福利厚生(特に住宅手当)が充実しているかです。入社後の業務内容を判断材料にすることも重要ですが、配属先により業務内容も異なる為、なかなか想像通りにいかない部分もあります。しかし、福利厚生は入社前にある程度把握する事が出来るので、是非会社選びの判断材料にするべきだと思います。例えば、借上社宅です。一般的に給料に対する家賃負担の割合は大きいと思いますが、入社後に借上社宅(一般的なマンション)に住んだことで、毎月の家賃の多くを会社に負担して頂き、代わりに自分の趣味や習い事に費やす事が出来ています。

これまでのキャリア

2015年4月に航空・艦船部 航空第一課へ営業担当として配属(現職、今年で5年目)

先輩からの就職活動アドバイス!

視野を広げて様々な業種の説明会へ参加すると、自分が希望するライフスタイルを築くための業種を絞ることが出来ると思います。 また説明会、面接ではあまり気負わずに、就職活動を楽しんで頂ければと思います。