ホーム > 採用情報 > 先輩ボイス > 航空・艦船部 今井大輔

採用情報

今井_執務

航空・艦船部 艦船機器課 今井大輔

これが私の仕事

航空機エンジン・部品の輸入、販売に係わる業務全般。
防衛省・自衛隊で運用している航空機のエンジン及びエンジン部品の見積依頼を受け、それを海外の航空機エンジンメーカーに依頼する事から始まり、防衛省との契約締結、契約品の輸入、検査、そして納地への納入、アフターフォローまでが担当業務です。この業務は期間が1年以上の長期スパンに亘り、尚且つ契約が何十件と同時進行する為、状況を的確に把握する能力が常に求められています。取扱い品の例を挙げると、ソマリア沖アデン湾へ海賊対処に出動している海上自衛隊のP-3C対潜哨戒機や、南極観測船「しらせ」に搭載されている、輸送業務を行うCH-101ヘリコプターのエンジンは当社が輸入している外国製エンジンです。これらの製品を防衛省・自衛隊と契約し納入する事で、国の活動を支援出来ている事に大変誇りを感じます。

だからこの仕事が好き!一番うれしかったことにまつわるエピソード

今井

英語力をスキルアップする機会が数多く巡ってくる。
入社して3ヶ月後の夏、海外メーカーと自衛隊を交えた会議に課長と共に出席した際、課長が会議を仕切り、且つ通訳を行う一方で、私は思う様に英語での意思疎通を図る事が出来ず、大変悔しい思いをしました。その悔しさをバネに、英語力のスキルアップを図り、半年間でTOEICの点数を100点伸ばす事が出来ました。 
日々の業務においては、海外メーカーからの来訪者も頻繁にあり、それらのアテンドだけでなく、海外からのメールも膨大な量になります。数多く巡ってくる機会を生かすも殺すも自分次第ですが、私はその一つ一つの仕事に一期一会の意識を持って向かい合い、常に自分の糧にして行く意気込みで業務に取り組んでいます。

ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き

決め手は面接で自分の思いを受け止めて貰ったこと。
面接で自分の思いを受け止めて貰えたという印象が強かったというのが決め手です。 
この事に感謝する共に、伝えた思いを今度は責任を感じて遂行する立場となり、更に責任の大きな仕事を担いたいという意気込みで日々業務に取り組んでいます。 
熱意を面接で伝え、その後のビジョンを明確に話す事が出来れば、その思いを酌んでくれる会社であると思います。

これまでのキャリア

営業(現職・今年で8年目)

先輩からの就職活動アドバイス!

OB・OG訪問は行った方が良いと思います。私は行わず、幸運にも尊敬出来る上司や先輩、職場環境にも恵まれましたが、そうで無かった場合の事を考えると、行わなかった事は軽率だったと思います。その会社でどんな人が働いているのか、今後一緒に働く事になる訳ですから、事前に職場の雰囲気を感じる事が出来る機会を持つ意味でも有益であると思います。 
また、面接では自分の思いをどの様に実現して行くのか、明確なビジョンを伝えられると良い結果に結びつくと思います。