ホーム > 事業部紹介 > 健康産業部
事業部紹介

健康産業部

資源の有効活用と飼料畜水産業界の国内供給安定化に努め、安全安心な食糧生産に貢献しています。

商品は、動物性・植物性原料、飼料添加物など多岐にわたります

鶏卵生産業界にも飼料を供給“世界中の限られた資源をいかに効率良く利用できるか” “どうしたら、もっと良い餌飼料・ペットフードができるのか。”そんなテーマで取り組んでいます。動物性原料・植物性原料、飼料添加物を柱に輸出入、国内取引を展開。販売先は、鶏肉、豚肉、牛肉、牛乳、鶏卵そして養殖魚などを生産する畜水産業界、ペットフード業界など多岐にわたります。

 

50年以上の歴史と実績、そして先見性により業界に貢献

 当社のこの分野における歴史は古く、50年以上におよびます。卵黄色改善のために使用していた合成色素から安全性を加味し、パプリカなど天然色素への転換など、常に先をにらんだ展開により、多くのユーザーとサプライヤーから信頼をいただき、現在では、畜水産業界およびペットフード業界にかかわる数多くの原料を取扱っています。

食品生産の副産物から養牛飼料に

また、当社の取扱う飼料原料は、食品業界の副産物を有効に活用したものが多く、それらは安全かつ経済的な飼料を作る上で必須の原料となっています。副産物を価値ある原料に再生することは、環境改善にとって義務であり、いわゆるECO問題取り組みの一翼を担っていると自覚しながら日々活動しております。現在、国内は北海道から九州まで専従のスタッフを配し、お得意先様のニーズを的確にとらえ活動しています。

 

安心・安全な畜水産物の生産に貢献する健康産業部の主な取扱い商品

  • 動物性原料(飼料用油脂、肉骨粉、各種魚粉など)
  • 植物性原料(グルテンフィード、グルテンミール、水産飼料用原料、酵母、穀類全般など)
  • 飼料添加物(各種アミノ酸、ビタミン、リン酸カルシウム等ミネラル、天然色素、ペット用フレーバー、機能性諸原料など)
  • 食品素材・食品添加物